So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

サーキュラー No.1-001 【 航空機及び装備品等の検査に関する一般方針 】 40 [サーキュラー]

ビジネスブログ372.jpg

サーキュラーで求められている「航空機の騒音に関する事項」は、
適用を受ける航空機に限定されるので記載せず、
その次の「発動機の排出物に関する事項」について説明します。

ガスタービンエンジンでは、
燃焼器内に燃料が残った状態で再着火すると
スタート時の排気温度が制限値を越える事がある為、
エンジン停止と同時に以前は機外に放出していましたが、
現在はキャッチタンクを設けたり、燃料タンクに戻す事が必要です。

この制限を受けない国からの輸入中古機は、
初回の耐空検査で検査官の確認を受けますので、
飛行規程への記載だけでなく、
実機の確認し、未装着の場合は改修しなければなりません。

(つづく)

【 Photo USCG HPより,HH-65C Dolphin 】

タグ:飛行規程
nice!(0) 
共通テーマ:仕事

サーキュラー No.1-001 【 航空機及び装備品等の検査に関する一般方針 】 39 [サーキュラー]

ビジネスブログ371.jpg

サーキュラーで求めている「航空機の性能」は、
「航空機の性能には、耐空性審査要領に規定される事項とともに、
当該航空機に必要とされる事項が記載されること。」
となっています。

古い機体で、同型式の交換エンジンが見つからない場合、
メーカーが承認しているエンジンを搭載する訳ですが、
その際には修理改造検査を受検し、
新たに個別飛行規程を作成する必要があります。

(つづく)

【 Photo USCG HPより,HH-65C Dolphin 】

タグ:飛行規程
nice!(0) 
共通テーマ:仕事

サーキュラー No.1-001 【 航空機及び装備品等の検査に関する一般方針 】 38 [サーキュラー]

ビジネスブログ369.jpg

今回の「通常操作」の説明も、
実際のヘリコプターのFlight Manualから飛行規程の実例を記載します。

(4)通常操作(通常の場合における各種装置の操作方法)
通常操作には、耐空性審査要領に規定される事項とともに、当該航空機に必要とされる事項が記載されること。

Flight Manual (Normal).jpg

第4章 通常操作
1.イントロダクション
1-1. この章は、プランニングの段階から実際のフライト・コンディションを経て、
着陸後にヘリコプターを安全に駐機するまでのヘリコプターのオペレーティングに関する指示 及び 手順について記載する。
1-2. これらの手順については、ノーマル 及び スタンダード・コンディションを想定して記載されている。他の章の適切なデータを参照し、適用する。
1-3. この章に示された指示 及び 手順は、標準的な操作を述べる目的で記載されたものであり、すべての状況に対しては適用されない。

非常操作も、通常操作も、ただ英文を訳すだけではなく、
検査官から操作に関する質問に応えなければなりません。
例えば、
押しボタンスイッチを押して点灯すると訳した場合、
押している間点灯するのか?
またスイッチが点灯するのか?
スイッチは押して離した時に凹んで維持されるのか?
元の高さで維持されるのか?
詳細について説明を求められます。

(つづく)

【 Photo USCG HPより,HH-65C Dolphin 】

タグ:飛行規程
nice!(0) 
共通テーマ:仕事

Bell 214B 「ビック・リフター」にスタビライザー・バーがない。 [タイトル記事]

UH-1H.jpg

AH-1S.jpg

上記の写真は2機共に、ベル社の2枚ローターのヘリコプターです。
上は民間機では204Bと呼ばれるUH-1Hで、
下は攻撃ヘリのAH-1Sですが、
メインローターの上にスタビライザーバーがある機種とない機種が…

ヘリコプターの大きさによるものなのか?
しかし、小型機の206B JetRengerにもありません。
スタビライザーバーは何のために…
取り付ける基準は…

214B「ビック・リフター」は、
巨大なメインローターで幅がタタミ1畳位あるから、
スタビライザーバーも巨大なものが必要…?
だから付いていない…?

余談。

214B.jpg

【出典元:陸上自衛隊HPより引用】
【Photo:http://dansa.minim.ne.jp/a3301Iruma-1976JIAS.htm#top より】
タグ:余談
nice!(0) 
共通テーマ:仕事